ニキビとケミカルピーリング

ニキビが出来てしまったら、放置せずに早期に治療をされることをお勧めします。
放置してしまい、ニキビが広範囲に出来てしまったり、炎症を起こしてしまったり、皮膚の真皮が傷ついてしまったりした場合は、ニキビ跡が残ってしまいますよ。

ニキビが悪化してしまった場合には、早いうちに皮膚科などの専門医に相談し治療することが一番早い改善方法だと思います。


皮膚科でのニキビ治療には、内服薬や外用薬などを用いて行われます。
しかし、最近では、ケミカルピーリングと言って、皮膚を再生させる治療を行っている皮膚科もあります。

ケミカルピーリングとは、ニキビ跡が残ってしまった部分の皮膚を溶かし新しい皮膚を再生させることで、健康的でキレイな肌を取り戻す方法を言います。

また、酸を使用し毛穴に詰まった角質や酸化した皮脂を取り除いたりもします。
毛穴の汚れをキレイに取り除くことで、毛穴の詰まりがなくなりニキビの炎症が改善されるのです。

それ以外にも、厚くなってしまった角質を薄くすることが出来ますので、毛穴の開きやくすみなどが良くなり、美白効果も期待できるのです。

しかし、必要以上に角質を無理矢理剥がしてしまいますので、いつも以上に保湿力が低下するんです。
ですので、乾燥しないように注意することが重要です。

また、紫外線にも気をつけないといけません。
ケミカルピーリングは、薬剤を使用しますので、皮膚の弱い方などにはあまりお勧め出来ません。
しかし、どうしてもケミカルピーリングをやってみたい方は、医師と相談したうえでよく考え決められると良いかと思います。