ニキビを薬で治す方法

最近は、ドラッグストアなどでニキビに効果がある薬が市販されているのを見かけることがあるのではないかと思います。

ニキビに効果があると言われているのが、テラコートリル軟膏など抗生物質が入った薬なんです。


しかし、抗生物質は、副腎皮質ホルモンが配合されていますので、使いすぎは良くありません。
ですので、使い方には注意が必要です。

また、ニキビの治療薬で市販されているものには、医薬品と医薬部外品があるのです。
医薬品はニキビ治療を目的として市販されているのですが、医薬部外品はニキビを直接治す効果がありません。

薬局などで市販されている、医薬品のニキビ治療薬は、殺菌や皮脂除去や炎症を和らげる効果があります。
しかし、即効性はありません。

薬でニキビを治すことは可能ですが、ニキビの原因が治療されているわけではありませんので、何度もニキビが出来てしまう可能性もあるのです。
ニキビを治すには、原因を知り無くすことが大切で、正しい洗顔方法やバランスの良い食事をするよう心がけることが非常に重要になってきます。

病院で処方される薬は、抗生物質とニキビの炎症を和らげるクリームを出されるのが一般的です。
抗生物質は殺菌作用があるので、ニキビや炎症や赤みは治ります。
しかし、市販薬同様、ニキビの原因が治療されているわけではありません。

病院では、洗顔方法や食生活についても指導をしてくれる場合がありますので、薬を使用しながら、ご自身でも努力をすることが必要になってきます。

ニキビは早期に治療すれば、ニキビ跡を残すことなく治すことが可能ですので、諦めずに早めに治療をするようにしましょう。