ニキビの種類と治し方

ニキビの種類にはいろいろあるのをご存じですか?
症状によって分類されているのですが、白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビがあります。

各ニキビの症状についてご説明しますね。

・白ニキビ
ニキビの初期段階のことを言います。
毛穴が角質や皮脂が溜まり、見た目にはわからないのが特徴なんです。
ポツポツと発疹があるので早めにケアするようにしましょう。
白ニキビのケアが早めに出来ていないと、赤ニキビに発展してしまい、毛穴に角栓が詰まってしまいますと黒ニキビになります。

・赤ニキビ
皮膚に赤く発疹が現れることを言います。
皮脂が過剰に分泌されることにより、毛穴が詰まってしまい、アクネ菌が増殖し炎症を起こしてしまうのです。
赤ニキビは、皮脂が紫外線などで酸化してしまうことによっても炎症を起こしてしまいますので、紫外線対策をしっかり行いましょう。

また、毛穴の中で皮脂とアクネ菌が膨らみ過ぎてしまいますと、ニキビ跡を作ってしまう原因になりますので、早めに治療することが非常に大切になってきます。

・黄ニキビ
赤ニキビがさらに悪化した状態のことを言います。
ニキビの最終段階で、膿腫とも呼ばれているんですよ。
ニキビが酷い炎症を起こし、毛穴に溜まった膿で腫れあがる状態が黄ニキビなんです。

黄ニキビが悪化してしまいますと、真皮まで傷がついてしまい、ニキビ跡が残ってしまうのです。
真皮が傷ついてしまうと、元通りにはなることはありませんので、黄ニキビの段階まで悪化させることがないように、なるべく早く、ケアをすることが大切ですし、皮膚科を受診されることをお勧めします。