ニキビケアと肌質

遺伝や肌質やケア方法などでニキビが出来やすい人と出来にくい人がいるのです。
生活習慣などの違いでもニキビが出来やすいか出来にくいかに違いがあるようです。

肌質は、乾燥肌・普通肌・混合肌・オイリー肌・敏感肌などがあるのですが、乾燥肌の方は皮脂の分泌が少ないのでニキビが出来にくい方と言えるでしょう。


しかし乾燥肌の方は、肌が弱い為に、肌を痛めてしまいやすく毛穴が余分な角質で詰まるとニキビが出来てしまう可能性もあるのです。

乾燥肌のニキビケアには化粧水や乳液などで肌を乾燥から守ることが大切ですよ。

普通肌の方は、ニキビが出来にくいのですが、全く出来ないということはありません。
ストレスや生活習慣が乱れることによってニキビが出来てしまいます。特に生活習慣には気をつけるようにしましょう。
しかし、普通肌の方は、特別なスキンケアをする必要はなくきちんと汚れを落とすことを心がけると大丈夫でしょう。

オイリー肌の方は、ニキビが出来やすい肌だと思われがちなのですが、ニキビは毛穴が詰まって出来てしまうので、皮脂が過剰に出ていても毛穴が詰まっていなければニキビが出来てしまうことはないでしょう。
オイリー肌の方は、皮脂線を詰まらせないことが大切です。
新陳代謝を活発にし、古い角質をきちんとピーリング石鹸などで洗い流せばニキビに悩まされることは少ないかと思います。

混合肌の方は、乾燥肌とオイリー肌が混ざった肌をされている方のことを言いますが、乾燥が進んでいる場合は、刺激に弱い肌になっていると言えます。

きちんとしたケアを毎日しっかり行うことで、ニキビを防ぐことが出来ます。

ぬるま湯でゴシゴシ洗わず優しく洗い汚れをしっかり落とすようにしましょう。