ニキビと食べ物

ニキビ予防には洗顔とUVケアが大事だとご存じの方もいらっしゃると思いますが、バランスの良い食生活を送ることも大切なんですよ。

油分の多い物や甘い物ばかりをよく食べてしまう方は、ニキビができやすい状態になってしまっていますので、注意が必要ですよ。


また、炭水化物を食べ過ぎてしまってもニキビが出来やすくなってしまいます。

炭水化物(米・パン・じゃがいもなど)は、消化されると糖分に分解されます。
糖分が油分となってしまい皮下脂肪として蓄えられてしまいますので、食べすぎには注意しましょう。

ですから、ニキビが出来やすい食事は、甘い物と油分の多い物だと言えます。
ケーキやチョコレートなどの糖分の多い食べ物は消化されると油分になりますので、食べ過ぎてしまわないようにしましょう。

ニキビを改善したい方は、我慢も必要ですよ。

揚げ物や肉などの動物性脂肪も、皮脂の分泌が増えてしまいますので、ニキビでお悩みの方は控えるようにしましょう。

ニキビ予防には、血液をサラサラにしてくれる魚類が良いと言われていますので、毎日の食事の中に摂取するようにしましょう。

辛い物が好きな方も多いかと思いますが、ニキビの炎症を悪化させてしまう原因になりますので、あまりよくありません。

辛い物などの刺激物は、胃や内臓に負担がかかってしまいますので、多量に摂取することはなるべく控えるようにしてくださいね。

また、飲酒もニキビの原因になってしまうんですよ。
お酒には糖分が多く含まれていますので、糖や皮脂の代謝を促すビタミンBを大量に消費してしまい、ニキビの原因になってしまうのです。
飲み過ぎには注意しましょう。