ニキビケア、紫外線対策

自己判断で治療をせずに放置していたニキビはなかなか治らずニキビ跡が残ってしまう可能性もありますが、早期に治療をすることでキレイに治すことが可能なんですよ。

ニキビが広範囲に広がってしまったり、治ってもまたすぐニキビが出来てしまうなどの悪循環を繰り返してしまいますと、ニキビ跡が残ってしまい、凸凹な肌になってしまう可能性があります。


ニキビ跡になってしまった肌は、刺激に弱くなっていますので、紫外線に注意することが大切なんですよ。

皆さん、ご存じの通り、紫外線とは太陽光に含まれます目に見えない光のことです。
UVA・UVB・UVCと3種類あるんですよ。

肌にダメージを与える紫外線がUVAとUVBです。
これは、浴び過ぎてしまいますとニキビ跡を残す原因となってしまいます。

UVAは、波長の長い紫外線なので、肌の奥に入り込みヒアルロン酸を分解してしまうんです。
ですので、水分が保持出来なくなってしまい、乾燥肌になりニキビ跡が残ってしまいやすいんです。

UVAは真皮まで届くので、肌の弾力を保持する成分であるコラーゲンなどを壊してしまうのです。
ですから、紫外線対策は必ず行うことが必要になってきます。

UVBはUVAに比べ波長は短いです。
しかし、長く浴びてしまいますと、活性酸素や過酸化皮質などの有害物質が発生してしまい、ニキビが炎症を起こしてしまったりニキビ跡が残ってしまったりします。

また、メラニン色素の生成を促すので、ニキビ跡が色素沈着となってしまう場合があります。

ニキビケアには必ず紫外線対策を季節に関係なく行うことが非常に大事なことになってきますよ。