思春期のニキビ予防

10代から20代までの成長期に多いニキビが思春期のニキビと言われていますが、経験されている方も多いのではないでしょうか。

思春期のニキビはたいないでホルモンの働きが活発になり、皮脂が過剰に増えることにより毛穴を塞いだり汚れたりすることでアクネ菌が繁殖してしまい、ニキビになってしまうんです。


女性の場合でも、男性ホルモンの働きが強い場合には、ニキビの症状が酷くなってしまう場合もあります。
酷くなってしまった場合に、ニキビ跡が残ってしまった方が少なくはないと思います。

まずは、思春期のニキビは肌を清潔に保つことを心がけましょう。

清潔にするからと、日に何度も何度もゴシゴシ洗うのではなく、優しく肌をいたわりながら刺激しないように洗顔することが大切です。

また、必要以上に洗いすぎてしまったり洗顔回数が多いと、必要な水分や皮脂まで失う場合があり、ニキビを余計に悪化させてしまう原因にもなってしまいます。

それにスキンケアも大切になってきます。

肌を保湿する為には、化粧水やノンオイルジェルなどを使用すると良いでしょう。

乾燥が気になる場合には、乳液やクリームを使用し、乾燥を防ぎましょう。
それ以外の場合には、あまり乳液やクリームを使用しないようにしましょう。

女性の場合ですが、化粧などでニキビを悪化させてしまう恐れもありますので、できるだけ控える方が良いかと思います。

思春期のニキビは、食事にも気をつけ、油分の多い食事などを控えるようにし皮脂が過剰に出過ぎてしまわないようにしましょう。

肌を清潔にし、食事にも気をつけ、身体の中からと外からの両方同時に改善するように心がけることが大切ですよ。