ニキビの原因とストレス

ニキビは思春期だけではなく、大人になってからも悩まれる方がいらっしゃいます。
しかし、大人のニキビと思春期のニキビには違いがあるのです?

思春期のニキビは、皮脂が大量に分泌されることで毛穴に汚れが詰まり炎症を起こしてしまいます。
しかし、大人のニキビは皮脂が多いことよりも、疲れやストレスなどや食生活などの生活習慣で影響を受けている場合が大半なんです。


ストレスは精神的にダメージがあるだけでなく、ニキビの原因にもなっているのです。

ストレスを溜め込んでしまいますと、緊張状態を招いてしまい、血液の流れが悪くなります。

血液の流れが悪くなると、血流活性効果のあるジヒドロテストステロンと言われる男性ホルモンがたくさん分泌されるのです。
その、ジヒドロテストステロンがニキビの原因になってしまい、ニキビを発生させるのです。

ストレスがかかってしまいますとホルモンのバランスが崩れるとよく言われるのは、このことを言っているのです。

また、ストレスによるニキビは悪循環を招いてしまう場合がよくあります。

ニキビが増えることでストレスを感じ、また新たにニキビが出来てしまう。そうするとまたニキビの悩みが増えてしまう・・・と言った感じに悪循環になってしまいなかなか治らないケースが多くあるのです。

まずは、ストレスと上手に付き合っていくことを心がけ、ニキビの改善をすることが大切なんですよ。

ストレスをためない為には、スポーツをするのも良いでしょうし、趣味を見つけ没頭されるのも良いでしょう。
自分自身が楽しいと思えることを見つけてみましょう。

ストレスはニキビだけではなく、いろいろな病気を招いてしまう場合が多々あります。
ですので、ストレス改善方法を自分なりに見つけ、ストレス発散を心がけて生活していくことが重要なのです。

ストレスを少しでも改善しニキビ予防をしましょう。