肌荒れでニキビが出来る?!

ニキビと肌荒れは、関係がないように思われがちなのですが、深い関わりがあるんですよ。

肌が荒れるとニキビが出来やすくなってしまうのです。

肌本来の機能が低下し抵抗力が弱くなっていると肌荒れになってしまいます。
肌荒れになると肌は敏感になっています。


ニキビは皮脂が過剰に分泌されて毛穴が詰まることで起こるのですが、乾燥した肌でも、新陳代謝が悪くなってしまいますと角栓が毛穴に詰まってニキビの原因になってしまうのです。

肌荒れを起こしていると、いつもは何ともないことでも、刺激を感じてしまったり、ニキビやニキビ跡の原因にもなってしまいます。
10代の肌荒れやニキビは、皮脂の過剰分泌により起こってしまいますが、大人の場合には、ダイエットやストレスや日焼けや肌の乾燥などが原因になってきます。

肌荒れやニキビの改善には、スキンケアを工夫してみましょう。

しかし、改善が見られない場合や逆に悪化してしまった場合には、必ず早めに皮膚科などを受診し治療を行うようにしてください。

肌荒れやニキビになってしまった場合には、基礎知識をきちんと学ぶことが大切ですよ。

正しく洗顔をし、肌に合った化粧水を使用し、薬だけに頼らずに、身体の内面からケアしてあげることで、肌荒れやニキビが出来にくい肌を作ることが出来ると思いますので、毎日頑張ってケアしていくようにしましょうね。